院長あいさつ

院長よりごあいさつ

富川盛雅

当院のホームページへようこそ!
院長の富川 盛雅(トミカワ モリマサ)です。

私が医師となった当時は、現在のような研修医制度はなく、医師1年目の4月から早くも当直のアルバイトとして市中の救急病院に独りで派遣されていました。診療経験が全く無いなか、心肺停止、交通事故、骨折、外傷から、意識障害、肺炎、喘息発作、狭心症、腸閉塞、腹膜炎、帯状疱疹などの患者さんが次々と運び込まれ、参考書を片手に悪戦苦闘していたものです。風邪などの軽症の患者さんに対してさえ何をどうしていいのか分かりませんでしたが、ベテラン看護師さんのアドバイスでどうにかその場をしのぎ、翌日には先輩医師に対処法を尋ねたりして少しずつ診療に慣れていく毎日でした。また、麻酔の専門医も少ない時代でしたので、昼間に行われる外科手術には時折麻酔医として加わり全身管理を任されていました。今からすれば信じられないような話ですが、当時は昭和の時代の雰囲気も色濃く残っていて、患者さんもどこか鷹揚としていました。

現在は、なんでもかんでもが専門分化した時代となりました。専門医のもと緻密で丁寧な診療を受けることができる一方で、少しでも専門を外れた病気についてはまた別の専門医の受診をすすめられ、多様な症状がある場合など複数の医療機関にかからなければならない場合も少なくありません。

このような時代背景の中、私は自身の若い頃の言わば“どのような病気でもとりあえず診ていた”という診療経験を生かし、“何か症状はあるけれどもどの医療機関にかかったら良いか分からない”、“医師に診せるほどでもないよね”といった患者さんを広く診療できるクリニックを目指して開業しました。

本格的な病を得る前の体調や体質を整えるのに最適な漢方や食事指導(薬膳なども)に力を入れていますし、得意分野の消化器科以外にも一般内科、皮膚科、乳腺外科を標榜し、各分野の専門医の強力な応援をいただいていますので、診療の質については、どのクリニックに勝るとも劣らないと自負しています。

ホームページ全体の雰囲気から、とみかわ医院は女性専門のクリニックなのでは?といった誤解を生じてしまうかもしれませんが、男女の導線はきちんと分けています、男性の患者さんも大歓迎です!

男性の患者さん、ぜひご来院していただき私の話し相手になっていただければ大変嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

  • とみかわ もりまさ
  • とみかわ医院 院長 富川 盛雅

略歴

九州大学医学部卒・医学博士(九州大学医学部第二外科)
現九州大学病院特任准教授

米国カリフォルニア大学消化器科博士研究員、九州医療センター、九州大学病院准教授、福岡市民病院外科部長・消化器センター長などを経て開業。

資格

日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会学術評議員・専門医・指導医
日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本内視鏡外科学会評議員・技術認定取得
日本肝臓学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
米国外科学会正会員(Fellow of the American College of Surgeons: FACS)

ご予約はこちら

  • 電話受付 9:30〜13:00/14:00〜18:00
    (火曜午後・日祝休)
    ※電話再診が可能です

  • 1ヶ月先までご予約可能です
    ※胃カメラ・大腸カメラ・各種検診(乳がん検診を除く)をご希望の方は、直接お電話にてご連絡をお願いします。

感染の疑いのある患者さまへ

当院では、感染症の疑いのある患者さまは待機・診察を別室で行います。37.5度以上の発熱があり、感染の疑いのある患者さまは来院前に必ずご連絡をお願いします。

Translate »